書籍紹介

一般書

トップページ > 書籍紹介 > 一般書

このカテゴリで人気の本

農の暮らしに生きた女わざ 水と土の文化論 日本人と馬 食農の匠 東京農大魂
農の暮らしに生きた女わざ 水と土の文化論 日本人と馬 食農の匠 東京農大魂
東京農業大学「食と農」の博物館編 森田珪子 監修 大橋欣治 東京農業大学「食と農」の博物館・学術情報課程編 東京農大校友会編

食農と環境 No15

実践総合農学会 編
定価:本体800円+税
仕様:A4判・並製・120p
ISBN978-4-88694-443-6 C3061

◇平成25年度実践総合農学会第8回地方大会(西条)シンポジウム「産官学連携による農業を主体とした新たな産地モデル化を考える」及び、平成26年度実践総合農学会シンポジウム「我が国における農林水産物・食品輸出の現状・戦略・展望」について特集している。(2015.2.25刊)

食農と環境 No15

食農の匠 東京農大魂 逸品堂 シリーズ②

東京農大校友会編
定価:本体2,000円+税
仕様:四六判・並製・179p
ISBN978-4-88694-444-3 C0077

◇東京農業大学校友会により、「実学主義」に学んだ東京農業大学OBが様々な創意工夫により農業の「6次産業化」に取り組んでいる姿とその生産品を調査して、今回「食農の匠」としてまとめられたもの。東京農大魂・逸品堂シリーズ①「醸す人」に続くシリーズ②である。(2015.2.15刊)

食農の匠 東京農大魂

激動の時代と日本農業の活路

鈴木俊彦 著
定価:本体1,800円+税
仕様:四六判・並製・271p
ISBN978-4-88694-440-5 C3061

◇半世紀以上、主として農業、農協問題を取材してきた著者が、ジャーナリスト生活の経験を踏まえ、日本農業と農協運動について、これまでの展開と今後の行く末などを論じたものである。第一部は「日本農業・緊迫の論点」、第二部は「協同組合運動の軌跡と展望」。(2014.12.10刊)

激動の時代と日本農業の活路

江戸大名庭園の魅力 東京都文化財庭園ガイドの誕生

都立文化財庭園研究会 岡田誠一・青柳加寿子・小澤淳一
定価:本体1,500円+税
仕様:A4判・並製・216p
ISBN978-4-88694-441-2 C3061

◇都立の江戸大名庭園の魅力を伝えるため、東京都公園協会が独自の制度として設けた「都立庭園ガイド」(都立庭園ガイドライセンス〈T・G・L〉の取得者)の誕生を中心に、その歴史や活動の様子をまとめ、次世代に繋げていきたいという思いから、関係者の資料を整理して再検証したものである。(2014.9.30刊)

江戸大名庭園の魅力

食農と環境 No14

実践総合農学会 編
定価:本体800円+税
仕様:A4判・並製・72p
ISBN978-4-88694-439-9 C3061

◇平成25年度実践総合農学会シンポジウム「TPP 何を守るべきか、何が守られるのか」について特集している。(2014.9.19刊)

食農と環境 No14

はかる つくる えがく・そだてる みどりの地域を育む地域環境科学がわかる本

東京農業大学環境科学部教員一同
定価:本体1,500円+税
仕様:A4判・並製・96p
ISBN978-4-88694-450-4 C3061

◇本書は、東京農大地域環境科学部で教育・研究に携わる先生方一人ひとりが、それぞれの研究フィールドやオリジナルな研究方法を紹介しながら、地域環境科学を学ぶ楽しさや将来の可能性、卒業後の活躍分野などを分かりさすく執筆したものである。(2014.7.31刊)

はかる つくる えがく・そだてる

越後/新潟の庭園 地方の消えゆく庭園を守る

土沼隆雄 著
定価:本体2,000円+税
仕様:B5判・並製・220p
ISBN978-4-88694-436-8 C3061

◇日本には素晴らしい日本庭園が数多くある。しかし一向に庭園ブームが起きていないのは、そもそも庭園そのものが社会の要請にしっかりと応えていないからではないか。本書は、庭園の中で庭園のあり方を考察し、庭園から人を見つめ、そして社会の中で果たす庭園の役割とは何かというような視点についてこれらを包括的に問題提起したものである。(2014.6.15刊)

越後/新潟の庭園

食農と環境 No13

実践総合農学会 編
定価:本体800円+税
仕様:A4判・並製・126p
ISBN978-4-88694-43-1 C3061

◇平成24年度実践総合農学会シンポジウム「東日本大震災から農山漁村の向かう道」及び、第7回地方大会シンポジウム「都市地域における食と農の交流」について特集している。(2014.3.25刊)

食農と環境 No13

樹木の形の不思議

東京農業大学短期大学部環境緑地学科 特定非営利活動法人樹木生態研究会 編
定価:本体2,000円+税
仕様:A5判・並製・158p
ISBN978-4-88694-434-4 C3061

◇普段目にする樹木は細かく観察するといろいろな面白い形をしている。樹木のもついろいろな形が、なぜ、なにによって、どのような影響を受け、また、どのような意味を持つのかを多くの写真で解説する。(2014.3.20刊)

樹木の形の不思議

ウマと関る もうひとつの馬物語

横濱道成 著
定価:本体2,000円+税
仕様:四六判・並製カラー・98p
ISBN978-4-88694-431-3 C3045

◇筆者がウマと介して学んだこと、ウマの特性を豊富な写真をもって紹介している。ウマは、コンパニオン・アニマル(仲間または伴侶動物)として人間が最も信頼できる家畜でり、我々にとって大切な伴侶動物であることを感じていただきたい。(2014.1.10刊)

ウマと関る