書籍紹介

シリーズ・実学の森

トップページ > 書籍紹介 > シリーズ・実学の森

このカテゴリで人気の本

ボランティア時代の緑のまちづくり BGBGK ハム・ソーセージ作りバイブル 榎本武揚と東京農大 横井時敬と東京農大
ボランティア時代の緑のまちづくり BGBGK ハム・ソーセージ作りバイブル 榎本武揚と東京農大 横井時敬と東京農大
進士五十八 著 東京農大農友会文芸部編 高坂和久 訳 松田藤四郎 著 松田藤四郎 著

ミセス・ファーマーの挑戦 女性起業家の夢と活力

田辺正宜 著
定価:本体1,200円+税
仕様:四六判・並製・178p
ISBN4-88694-160-5 C0061

◇著者の妻・田辺美代子さんは、女性ビジネスのトップランナーの一人。熊本県八代市でハーブと花苗の生産販売を営む。日進温室組合・花苗育苗センター所長として、「私がやるのだ」という強い意志と謙虚な学ぶ姿勢がミセス・ファーマーのマネジメントの基本にある。特に女性起業家、男女共同参画など参考になる。(2003.01.10刊)

ミセス・ファーマーの挑戦

真・情報学 未来を学ぶ

東京情報大学編
定価:本体1,000円+税
仕様:四六判・並製・178p
ISBN4-88694-033-1 C0004

◇「現代実学主義」を教育理念とする東京情報大学は、「情報」をキーワードにビジネス、環境、システム、社会の切り口から教育研究に取り組んでいる。本書では、ますます多様化複雑化する「情報」を「情報化する現代ビジネス」「変化する環境」「社会を揺るがす情報」「進化するテクノロジー」の4つの観点で平易に解説。(2003.01.10刊)

真・情報学

The 1st International Students Summit on Food, Agriculture and Environment in the New Century 〈新世紀の食と農と環境を考える 第1回世界学生サミットから英語版〉

東京農業大学編
定価:本体2,000円+税
仕様:四六判・並製・386p
ISBN4-88694-144-3 C3030

(2002.10.20刊)

The 1st International Students Summit on Food, Agriculture and Environment in the New Century

新世紀の食と農と環境を考える 第1回世界学生サミットから

東京農業大学編
定価:本体2,000円+税
仕様:四六判・並製・口絵カラー・332p
ISBN4-88694-143-5 C3030

◇2001年11月、東京農大創立110周年記念事業として第1回世界学生サミットが開かれた。21世紀の幕開けにふさわしく「新世紀の食と農と環境を考える」をテーマに、世界13カ国・地域の学生をはじめ、国内の大学生、高校生、社会人、研究者ら約3,000人が参加。本書はその討論や提言の集大成。「環境保全型技術・生産システムの開発」「アジアの食料自給の達成」などを唱える東京宣言が採択され、その実現のための行動を誓った。(2002.09.30刊)

新世紀の食と農と環境を考える

実学に生きる 東京農大生110人の証言

東京農業大学編
定価:本体477円+税
仕様:四六判・並製・オールカラー・133p
ISBN4-88694-157-5 C7037

◇あなたが考える、やってみたい世界が必ずあるはず。自らの感性と体験を通じて「生きる力」を育んでほしいと願う東京農大は、世界的にも珍しい広範な分野をカバー、農学各分野のスペシャリスト、地域社会のリーダーを養成。(2002.07.12刊)

実学に生きる

庭園のこころと形 世界名園シンポジウムから

白幡洋三郎編 杉本苑子・進士五十八ら著
定価:本体1,000円+税
仕様:四六判・並製・253p
ISBN4-88694-138-9 C0030

◇社団法人日本造園学会が岡山県から委託された岡山後楽園300年記念事業のひとつ「世界名園シンポジウム」と学会の継承事業「日中韓ランドスケープ専門家会議」の成果をまとめたもの。庭園の様式・形式だけが扱われるような造形への関心による造園観をこえて、いかに庭園が使われ楽しまれたか、都市とのかかわり、くらしと庭園のつながりに注目して論じた庭園論・造園論。(2001.10.27刊)

庭園のこころと形

バイカル湖物語 作家ラスプーチンとの対話

原 剛 著
定価:本体800円+税
仕様:四六判・並製・119p
ISBN4-88694-137-0 C3000

◇バイカル湖のある町で作家ラスプーチンは生まれ生活を営む。バイカル湖は世界で一番美しい湖だ。そこにバイカルアザラシの死体が浮かぶ。なぜか。環境問題の原点がそこにある。(2001.09.10刊)

バイカル湖物語

榎本武揚と東京農大

松田藤四郎 著
定価:本体1,000円+税
仕様:四六判・並製・214p
ISBN4-88694-030-7 C0037

◇榎本武揚は東京農大の創設者。榎本は日本最初のオランダ留学生。近代科学と国際感覚を身に付けた榎本武揚は、近代日本をリードする賢人として活躍する。北海道開拓、メキシコ殖民移住など、榎本には人類の夢が潜む。(2001.07.15刊)

榎本武揚と東京農大

血栓を溶かし梗塞を予防しよう 驚異の酵素の発見

栗本慎一郎 著
定価:本体800円+税
仕様:四六判・並製・143p
ISBN4-88694-021-8 C0047

◇脳梗塞・心筋梗塞を予防しよう。対策がこの本の中にある。1999年10月、著者は脳梗塞で倒れた。その体験を踏まえた最新の梗塞研究である。実体験と研究データは説得力充分。医療行政を考えるうえでも絶好の書でもある。(2001.03.03刊)

血栓を溶かし梗塞を予防しよう

私の営農哲学 トマト・メロン・花づくりから地域づくりへ

田辺正宜 著
定価:本体1,400円+税
仕様:四六判・並製・口絵カラー・226p
ISBN4-88694-017-X C0061

◇著者は二度にわたる台風襲来の災害を克服し、発展させた経営の基盤にある哲学を語る。地元の農聖・松田喜一のモットーが「稲は稲から学び、世の中のことは世の中から学べ」「自分が変われば、世の中が変わる」。その実践主義を学んで、消費者、地域社会、女性の役割などへ向けられている視点に感化されることが多い。(2001.01.10刊)

私の営農哲学