書籍紹介

辞典、全集、その他

トップページ > 書籍紹介 > 辞典、全集、その他

賃労働理論の基本構造 賃労働の理論、歴史、現状

田中俊次 著
定価:本体3,800円+税
仕様:A5判・上製・356p
ISBN4-88694-111-7 C3061

◇賃労働の歴史、理論、現状の3部からなる。賃労働とその経済的基礎である生活資金の概念を柱に理論構成されている。(2006.12.01刊)

賃労働理論の基本構造

国際農業協力に生きる

東京農大国際農業開発学科編
定価:本体1,600円+税
仕様:四六判・並製・226p
ISBN4-88694-108-7 C0022

◇私たちは社会にどのように貢献できるか。私たちとは東京農大国際農業開発学科の学生たちであり、OB・OGたちである。様々な実践、活動力に圧倒されるに違いない。(2006.11.11刊)

国際農業協力に生きる

共生農業 微生物の知恵を生かし自然が蘇る

太田保夫 著
定価:本体1,600円+税
仕様:A5判・並製・カラー・144p
ISBN4-88694-105-2 C3061

◇農業は、化学肥料・化学農薬の開発普及と機械化によって発展してきた。化学物質革命は環境にストレスを与えてきた。自然環境を保全し、安心安全な農産物の生産のために。(2006.10.01刊)

共生農業

国際協力の農業普及 途上国の農業・農村開発普及入門

鈴木俊 著
定価:本体1,800円+税 残り僅か
仕様:A5判・並製・240p
ISBN4-88694-192-3 C3061

◇途上国の農業・農村開発協力について、とくに農業普及の視点からまとめられている。(2006.10.01刊)

国際協力の農業普及

AROMA COLOR 薫りたつ北の色から 竹下幸一写真集 CD付

竹下幸一・写真
定価:本体2,400円+税
仕様:B4判変形・並製・カラー・100p
ISBN4-88694-102-8 C0072

◇北海道の道東の大自然の魅力を伝えてくれる。厳選された大画面の作品に圧倒される。(2006.08.01刊)

AROMA COLOR

米大陸へ「学卒移民」史 東京農大OBたちの記録

松田藤四郎監修 秋岡伸彦編著
定価:本体3,000円+税
仕様:四六判・上製・337p
ISBN4-88694-194-X C0022

◇「笠戸丸」で始まったブラジルへの日本移民史は、2008年に100周年を迎えた。太平洋戦争後、深刻な人口・食料問題を抱えた日本で、少なからぬ若者たちが「海外雄飛」を夢見て単身、渡航していった。主に1950年から60年代にかけてのことである。この時期を中心に東京農大卒後、ブラジルなどアメリカ大陸に渡ったのは約500人といわれる。このうち時を経て、ベレンに集った「学卒移民」については、あまり知られていない。各移住先で、農業をはじめ各界の振興に貢献した「学卒移民」は少なくない。しかしその裏側に、挫折、失意の歴史があった。日本人移民史の中で、東京農大の「学卒移民」はどう位置づけられるべきか。(2006.08.01刊)

米大陸へ「学卒移民」史

宇宙から見た日本・東アジア

東京情報大学 編
定価:本体300円+税
仕様:A5判・並製・36p
ISBN4-88694-106-0 C0072

◇宇宙からの衛星(MODIS)写真データの解析。黄砂、流氷、海水温、四季などの写真に興味がそそられる。東京情報大学学術プロジェクトから。(2006.07.22刊)

宇宙から見た日本・東アジア

二條城庭園の歴史

内田仁 著
定価:本体2,400円+税
仕様:B5判・並製・144p
ISBN4-88694-196-6 C3070(在庫少)

◇二條城をめぐる400年という歴史的「時間」と「空間(地割、植栽など庭園景の変化・役割)」との関係やその意味を総合的にまとめられている。二の丸庭園、本丸庭園、清流園の3庭園の全容がわかる。2008年日本造園学会賞受賞。(2006.05.18刊)

二條城庭園の歴史

醸造微生物の名前と性状

中里厚実 著
定価:本体572円+税
仕様:新書判・並製・70p
ISBN4-88694-195-8 C3045

◇農芸化学・醸造学・発酵学を学ぶ者にとっては、微生物学が必須である。微生物の能力を知ることで応用微生物学分野が広がるというもの。(2006.03.10刊)

醸造微生物の名前と性状

水と地域と農の連携

駒村正治 編著
定価:本体1,900円+税
仕様:A5判・並製・172p
ISBN978-4-88694-114-5 C3061

◇水と地域と農の連携を専門分野の視点で論究している。筆者は駒村正治、高橋由季、高橋一公、中村好男、増野途斗、細野衛。(2006.01.10刊)

水と地域と農の連携