書籍紹介

テキストなど

トップページ > 書籍紹介 > テキストなど

文章表現テキスト

秋岡伸彦 著
定価:本体300円+税
仕様:A5判・並製・53p
ISBN4-88694-051-X C2037

◇読売新聞「編集手帳」を13年間にわたって綴った著者が、文章表現の基本について説く。(2004.04.01刊)

文章表現テキスト

新・めん羊の繁殖技術

福井 豊 著
定価:本体1,500円+税
仕様:A5判・並製・129p
ISBN4-88694-056-0 C3045

◇『めん羊の繁殖技術』の基礎テキスト。新版。(2004.04.01刊)

新・めん羊の繁殖技術

インターネットが教える日本人の食卓

東京農大生活科学研究所編
定価:本体1,600円+税
仕様:B5判・並製・オールカラー・184p
ISBN4-88694-141-9 C3077

◇「教えて!あなたの晩ご飯」と約1年間、インターネットのホームページで呼びかけたところ、全国の家庭から寄せられた夕食データは、10万食卓、35万食、8万メニューに。東京農大短期大学部の生活科学研究所と㈱ハイホー・マーケティングサービスとの共同研究だ。夕食の人気メニューの上位は、ご飯、味噌汁に続いて、サラダ、漬物、カレーライス、冷奴、納豆、ギョウザなど。さらに、刺身、焼肉、ハンバーグも加わり、実にバラエティーに富む。家庭の主婦必携。献立に困ったとき役立つヒント満載。日本人の食文化を味わえる。(2002.10.10刊)

インターネットが教える日本人の食卓

農業労災の予防と補償制度 地域農業の安全管理

三廻部眞己 著
定価:本体3,200円+税
仕様:B5判・並製・376p
ISBN4-88694-142-7 C3036

◇農業労働災害についてのとらえ方、考え方を解説。農業労災を人災としないために積極的な安全対策を訴える。各部ごとにサマリーが付され便利である。類書なし。テキストに好書。(2002.10.08刊)

農業労災の予防と補償制度

みんなのための公園づくり 世田谷の公園レポート

東京農大生活科学研究所編 入江彰昭編集代表
定価:本体1,800円+税
仕様:B5判・並製・143p
ISBN4-88694-148-6 C3000

◇東京農大出版会の助成出版。◇安心安全な公園づくりが、身近な公園として利用されやすいものとなる。そのためにどうしたらよいか、実際に公園模型を作製して検討し、改善案を提示している。(2002.03.25刊)

みんなのための公園づくり

みどりの環境デザイン 植栽による循環型社会の景観創出

社団法人日本植木協会コンテナ部会編
定価:本体2,000円+税
仕様:B5判・並製・口絵カラー・249p
ISBN4-88694-032-3 C3061

◇日本植木協会コンテナ部会20周年記念出版。21世紀の環境づくり必携。循環型社会におけるみどり環境の創出を実践的に論及している。(2001.10.04刊)

みどりの環境デザイン

根巻資材の特性 根巻行為が造園樹木の移植後の生育に与える影響

内田 均 著
定価:本体2,000円+税
仕様:B5判・並製・106p
ISBN978-4-88694-136-7 C3061

◇東京農大出版会の助成出版。2006年5月日本造園学会研究奨励賞受賞。◇根巻資材研究成果。造園植栽論の研究史と課題/根巻行為が造園樹木の移植後の生育に与える影響/根巻き資材の種類と特性/根巻き資材の作業性(2001.10.02刊)

根巻資材の特性

日本庭園の伝統施設 鑑賞と技法の基礎知識

河原武敏 著
定価:本体2,000円+税
仕様:B5判・並製・一部カラー・120p
ISBN4-88694-029-3 C3000

◇庭園施設の好例を紹介、代表的伝統施設について、定義、変遷、意匠、工法などを解説。庭園技能士必携。庭園鑑賞の視点がよく分かる。(2001.05.20刊)

日本庭園の伝統施設

多様な森林の育成と管理

河原輝彦 著
定価:本体1,800円+税
仕様:B5判・並製・144p
ISBN4-88694-023-4 C3061

◇森林は、木材生産機能とともに環境保全機能をもっていることから、一般国民からは森林に対しては多様な機能の持続的発揮が求められている。森林の持つ多様な機能を維持し、高めていくためには森林を生態系として健全である状態を保つこと。多様な機能の持続的発揮のための適切な森林の管理方法として、複層林施業、長伐期林施業、針広混交林施業、針広混交林施業など多様化した施業を取り入れていく必要がある。(2001.04.01刊)

多様な森林の育成と管理

家畜の繁殖

石島芳郎 著
定価:本体1,100円+税
仕様:A5判・127p
ISBN4-88694-022-6 C3061

◇目次 繁殖のホルモン、生殖器官、生殖細胞、性成熟と発情、受精と卵子の発達、着床、妊娠期間と分娩、家禽の生殖器官と卵形成、人工授精、受精卵移植、発情同期化、今後期待される繁殖技術(2001.04.01刊)

家畜の繁殖