書籍紹介

新刊一覧

トップページ > 書籍紹介 > 新刊一覧

山のきもち〔第2版〕 森林業が「ほっとする社会」をつくる

山本 悟 著
定価:本体1,600円+税
仕様:A5判・並製・322p
ISBN978-4-88694-480-1 C3061

1年前に発刊された同書の〔第2版〕である。「もの言わぬ『山のきもち』を代弁する本書から、その気持ちをめぐって多くの人々が未来のために格闘している有様を読み取ってほしい」涌井史郎氏:東京都市大学特別教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長(本書帯より)(2017.7.20刊)

山のきもち〔第2版〕

2017年版 東京農業大学入試問題集

定価:本体1,200円+税
仕様:A5判・並製・352p
ISBN978-4-88694-467-4 C7037

◇東京農業大学世田谷キャンパス(応用生物科学部・生命科学部・地域環境科学部・国際食料情報学部)、厚木キャンパス(農学部)、オホーツクキャンパス(生物産業学部)の6学部の一般入試全日程の問題と解答です。なお、入試日程については29年度のものですので、改めて大学に確認してください。(2017.6.1刊)

2017年版 東京農業大学入試問題集

続・石と造園100話

小林 章
定価:本体2,000円+税
仕様:四六判・並製・150p
ISBN978-4-88694-472-6 C3061

◇好評だった前作に続き、新たに編まれた。日本各地の寺社境内、庭園、都市公園、広場、自然公園など、造園における石の種類と使い方を、概作品の年代順の100話に解説し、作品の成立した背景や石の産地についても述べられている。既刊のものも含め、造園技術者や造園を学ぶ学生のためのハンドブックとして編まれているが、ガイドブックとしても楽しめる1冊である。(2017.4.17刊)

続・石と造園100話

知られざる東京農大史 語り継ぐべき農大百二十五年の記録と記憶

内村 泰 著 大澤貫寿 監修・編
定価:本体3,000円+税
仕様:四六判・並製・344p
ISBN978-4-88694-470-2 C0037

◇本書は、著者である内村泰名誉教授との雑談の中で「創設者榎本武揚、初代学長横井時敬については広く研究されているが、本学にはまだ多くの我々も知らない埋もれた歴史があるはず・・・・・・」と、ともに考えたことがきっかけだった。それらを拾い上げ光をあて、東京農業大学なるものを丸ごと知ることが、これからの東京農業大学を考えていく上では重要な資料になるとの共通認識のもと、内村泰名誉教授に本書の執筆、作成にあたっていただいた。(「発刊に寄せて」から)(2017.3.25刊)

知られざる東京農大史

学びのフィールドとしての美しい地域づくり・里づくり

麻生 恵 編著
定価:本体1,500円+税
仕様:A4判・並製 カラー版・132p
ISBN978-4-88694-471-9 C3061

◇本書は、編著者、麻生恵氏が東京農大学を定年退職するにあたり、研究室(通称「風景研」)で学び育った卒業生たちと、多彩な成果を後世に残そうと企画されたものである。内容は41年間の教育・研究活動の歩みと学生たちが取り組んだプロジェクトやその後の展開などである。(2017.3.20刊)

学びのフィールドとしての美しい地域づくり・里づくり

2017年版東京農大一中・三中 入試問題集

定価:本体2,000円+税
仕様:B5判・並製・258p
ISBN978-4-88694-474-0 C7037

◇東京農業大学第一高等学校中等部と同第三高等学校附属中学校の2017年度の全入試問題と模範解答、正答率を掲載。入試問題を通じて、両中学校の「実学の姿勢を基本とする学び」を感じ、両中学校への入学の足掛かりにしてください。(2017.3.20刊)

2017年版東京農大一中・三中 入試問題集